日本語

前回の投稿からほぼ2年が経ち、色々ありました。
まだまだエンジニアとして頑張っているので、これからアウトぷっとを増やして行きたいと思います。
今回は再開の初回として、この1、2年の出来事と感想を書きたいと思います。

Read More

最近Akka HTTPの正式版 X がで出ましたね。
自分は前からAkka HTTPに興味があって、ちょうどいい機会なので、Akka HTTPを詳しく勉強するため、簡単のWebサービスを作ってみたいと思います。

Read More

最近の仕事で、本格的Akkaを取り込んでいってエラーした処理だけリトライ出来るバッチ機構を実現しました。そのバッチ機構の実行効果を確認するので、KamonとDatadogを使ってAkkaプログラムの監視をやってみました。
ここでそのやり方と問題を簡単にまとめたいと思います。

Read More

前の記事で、Akka Streamsでデータ処理部品の組み立て方法を紹介した。
しかし、その部品内部の処理のカスタマイズしたい場合は、どうしましょうか?

Akka Streamsでは、Graphを作成する処理をProcessing Stageとよんでいる。
一般的なProcessing Stageは前に紹介したmap(), filter()などのメソッドがあるが、自分で実装したい場合は GraphStage を継承して実装する必要がある。

Read More

Akka Streamsは非同期処理のオーバーヘッドを避けるため、デフォルトでStageを処理する時は順番で一つづつで処理していく。
しかし、複数のStageを非同期処理したい場合も必ずある。その時は async メソッドを使う。
async をつけたStageは一つ単独のActorで実行される。一方、付けてないStageは全部もう一つのActorで実行される。

以下、2つのフライパンでパンケーキを作る例を通して、非同期処理の2つのやり方を紹介する。

Read More

A little Advanced Akka Streams API

前回の部分で、Source、Flow、Sinkを繋いていけば、線形の処理をシンプルに実装出来る。
でも非線形の処理はどうでしょうか?

Read More

こんにちは、ショウです。
Akka Streamが2.4以降からexperimentalを外して、正式版をリリースしました。丁度会社で3日のHackerDaysを機に、Akka Streamを勉強しはじめました。
この記事では、Akka Streamの公式ドキュメントを抜粋し、翻訳しながら、Akka Streamの基礎概念を説明します。

Read More

Remoting

  • Akka Remoteとは、分離したActorSystemをネットワーク経由でアクセスすることをサポートする機能。
  • 通信方式はP2P。
  • 違うActorSystemの命名は任意、ActorPathはホスト名とActorSystem名両方持つもで、同じActorSystem名でもいい。要は必要に合う。
  • Actor間のアクセスは位置透過性(Location Transparency)がある。Actorにとって、ローカルかリモートか関係ない。

Read More

お久しぶりです。しょよです。
前回のScala祭りから、Reactiveについての興味はどんどん高まって、つい最近こちらの本を買って、Reactiveを勉強しようと思いました。

今回は、この本を2章目にある、Akkaについての紹介を、簡単にまとめよと思いました。

Read More

こんにちわ。しょよです。

1月30、31日に開催された日本最大級のScalaカンファレンス、Scala祭りに参加してきました。

今回のScala祭り2016では、初心者向けから上級者向けまで、コーディングのベストプラクティスからシステムの設計まで、リファクタリング、コンパイラ、関数型プログラミング、Reactive、マイクロフォーサーズなど、種類豊かな面白いセッションが沢山あって、とても素晴らしいコンファレンスでした。

特に最近自分が興味を持っているReactiveに関してのセッションに参加して、大変勉強になりました。
ではここからは自分が参加したセッションについて、紹介したいと思います。

Read More

少し前から PlayFramework2.4 を使い始めて、いろいろ良い変化を感じました。その中でもPlay2.4では Guice を使って正式に DI 機能が導入されました。DIを導入するメリットの一つとしてテストにおけるモックが凄くシンプルに実装できる点があります。

今回は簡単なユーザー認証の例を通じて、自分の試行錯誤中に勉強した、PlayFramework2.4におけるDIのテスト方法を紹介したいと思います。

Read More

 こんにちわ、しょよです。今の会社に入社してから、もう2ヶ月経ちました。ちなみに前職は主に、CVSやSubversionでのコード管理だけでしたが、ここではじめて、gitに基づくworkflowを体験しました、Cultural Shockというものを感じました。ここて説明させていただきます。

Read More

 初めまして、しょよです。8月から日本でScalaの開発を始めました。また始まってばかりですが、業務を行いながら、いろんな試行錯誤を記録したいと思います。さて、今回は今作ってるシステムで、DB周りで学んだことについて書かせていただきます。

Read More

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×